個人口座ご利用の方

弊社FX・バイナリーオプションにて得た利益(※1)は、雑所得として総合課税の対象となり、その他の雑所得と合算した上で、最終的な合計額が年間で20万円を超えた場合は、給与収入額にかかわらず、確定申告が必要となります。
※1) 純利益が課税対象になります。

純利益 = 年間損益の金額 - 経費


経費とは、原則として収入(利益)を得る為に要した費用が必要経費となります。

例えば外国為替証拠金取引を行う為に購入した書籍代等が対象となると考えられます。

尚、雑所得につきましては、損失の繰越控除の適用はございません。

その為、損失を翌年以降に繰越したり、昨年の利益と合算することはできません。

詳細につきましては所轄の税務署にお問い合わせ下さい。

計上出来る必要経費について必要経費は、FX取引のために年間に使った諸費用を指し、弊社の年間収益はこれらを含んでおりません。ご入金や出金の際のお客様負担の銀行手数料、VSP利用料等がこれにあたりますが、必要経費の算出はお客様ご自身でお願い致します。また、投資関連の書籍代、投資セミナー参加料なども必要経費として計算が可能な場合もあります。詳しくは所轄の税務署へお問合せ下さい。

確定申告について

確定申告の対象
サラリーマンの方
給与所得者は、年間の給与所得が2,000万円を超えると確定申告が必要です。また年間の給与所得が2,000万円以下であっても、給与所得及び退職所得以外の所得(雑所得など)の合計金額が20万円を超えた場合には確定申告が必要です。
専業主婦など
収入が無い方
被扶養者(専業主婦など、その他、収入が無い人)の場合、年間所得の合計額が38万円を超えると確定申告が必要です。
個人事業主の方
個人事業主やフリーランサーなどで事業所得がある場合は、基本的に確定申告が必要です。(ただしFX取引を事業として行なっている場合など、FX取引の所得の分類が雑所得にはあたらない場合もございますので、確認が必要です。)
確定申告で用意するもの
印鑑(お客様で準備)
源泉徴収票(給与所得、退職所得、公的年金など) (勤務先などから入手)
確定申告書A様式またはB様式(税務署から入手)
一年間の取引の損益が明記された書類(弊社各取引システムの年間収益)

店頭FX税制度の変更について

取 引 2011年12月31日までの店頭外国為替取引 2012年1月1日以降の店頭外国為替取引
税の種類
雑所得(総合課税) 申告分離課税
損失繰越
不可 最大3年間繰越可能
税 率
課税される所得金額 税率
195万円以下 5%
195万円超、330万円以下 10%
330万円超、695万円以下 20%
695万円超、900万円以下 23%
900万円超、1,800万円以下 33%
1,800万円超 40%
20%(所得税15%、住民税5%)
計算方法
給与所得等とともに所得の金額を一定の方法により合計した総所得金額から、所得控除の合計額を控除し、その残額に税率を乗じて税額を計算します。 他の所得と区分して確定申告を行います。取引所における先物取引等にて発生した損益との通算が可能です。
※総合課税の確定申告に関しては、給与収入金額が2,000万円以下で、かつ、1か所から給与等の支払を受けており、その給与の全部について源泉徴収される人で給与所得及び退職所得以外の所得金額が20万円以下である人等、一定の場合には確定申告をしなくてもよいことになっています。